就活に向けた準備

就活をする前に、できるだけ事前にやっておいたほうがいいことがある。事前に何もしないで就活を始めるよりも、準備をしてから就活を始めたほうが何かと役立ちやすいからだ。
一つは、実際に就職した人の話を一人でも多くの人から聞くことである。あまりよくないのは一人か二人程度に聞くことである。それでは大して参考にならない。何故なら、話の内容はほぼその人の主観であるため、それがそのまま将来の自分に当てはまるとは限らないからである。できれば5,6人かそれ以上の人に話しを聞こう。そうすると複数の人の話の中に共通点が見つかることがわかる。その共通点はあなたの就職活動に大きな意味がある。

もう一つは本をたくさん読むことだ。本といっても漫画本ではない。小説でもない。できれば人間関係について書かれた本や生き方について書かれた本がいい。もちろん就職活動について書かれた本も何冊か読んでおくべきである。本を読まない人が増えているが、本は様々なことで役に立つ。何故なら、100冊の著者の本を買って読めば100人分の人生について知ることになる。それと同時に100人分の経験や苦労話を知ることもできるからだ。

最後にアルバイトも就職活動には役に立つ。お金を稼ぐということを経験することで、自分にとって仕事とは何なのか、そしてお金を稼ぐこととは何なのかがよりリアルな形で理解することが出来るからである。また、アルバイトを通して社会のルールやマナーについても学ぶことが出来る。