就活に関するあるある

3月 21, 2016 · Posted in · Comment 

今回は、就活中の学生によく見られるあるあるを話していこうと思う。

まずは、就活イベントに関するあるあるだ。イベントの触れ込みとしてよくあるのが「服装自由」といった宣伝文句だが、触れ込み通りに自由な服装で行ってしまうと痛い目に遭ってしまうため注意が必要だ。このようなイベントではほぼ100%の参加者がスーツで来るため、私服で行ってしまうとかなり浮いてしまう事になる。私服で行ったものの、殆どの参加者がリクルートスーツである事を知り、結局参加できなかった、一旦自宅に戻って着替える羽目になったなどのケースも少なくない。

続いて面接についてのあるあるだ。面接に臨む学生がよくやってしまうのが、ノウハウ本を参考にして質問をされた時にもそっくり回答してしまうやり方だ。ノウハウ本はよくできているゆえについ参考にしてしまうものだが、そのまま利用してしまってはいけない。面接官はその手の本には目を通しているため、ノウハウ本の内容で回答をすればすぐに見抜かれてしまう。丸暗記したような回答をすると、自己主張が出来ない、自分の意思がないマニュアル人間だという印象を与えかねない。そのような学生は即不採用にする企業も多いため、ノウハウ本に頼り過ぎるのも良くないだろう。
面接の際に、強烈な緊張によって頭が真っ白になってしまうというあるあるも定番だ。面接は特殊な雰囲気でもある為、慣れていない学生はかなり緊張するはずだ。そして緊張によって面接に失敗した学生も多い事だろう。しかし何度も面接を経験し、場馴れをする事によって緊張をし難くなる事もあるため、最初の内は練習程度に考えておくのが良いと言える。また、その時の緊張は今後の就活に役立ち、失敗があったから成功があったと感じられる事だろう。

緊張する面接をどう乗り切るか

2月 10, 2016 · Posted in · Comment 

就活は「有名大学出身であれば有利」というのは昔の話で、今日は有名大学出身であっても希望通りに行かないのが現実だ。就活は厳しさを増し、とりあえず求人に片っ端から応募していく日々。それでも早々と内定を勝ち取るのはごく一部の人間だけだ。就職活動において一番緊張するのが面接である。今回はそんな面接のお役立ち情報を書いていく。

先ずは履歴書、これは面接官があなたを知る第一歩になる。ミミズが這った様な字、読みたくない様な汚い字や読みにくい字はやめよう。字があまりにも汚いのは致命的だ。そして履歴欄に空欄が目立つのも良くない、しっかり埋められるよう日々の活動を思い出してみよう。

さて面接が始まる、希望者は皆それなりにアドバイスを受けてくるからだいたい見た目は横一線、もちろんあなたもそれなりに清潔感のある装いで臨もう。あとは受け答えから見えるあなたの個性で判断されるのである。希望者は皆緊張しているから、その場でいかに堂々と受け答えが出来るかが第一条件となるのだ。社会に出ればそんな場面いくらでもある。そう考えれば面接なんて怖くないのだ。いくら頭が良くて有名大学出身であっても、声が小さかったり面接官から目を逸しがちなら採用されない可能性は高くなる。大事なのはこれから給料をもらう会社であり、自分に投資してくれる会社で自分をどれだけ精一杯アピール出来るかだ。意見を求められた時は自分なりの意見を堂々と答える。間違ってもおどおどしたり「だと思う」など引いてはいけない。堂々としてるだけでなく、引き出しを沢山持ち面接官を飽きさせない事が大切なのである。